サポチル NPO法人 子どもの心理療法支援会

お知らせ

INFORMATION

事務局からのお知らせです

文献講読Ⅲの森ノ宮クラスが新たに開講されます

  • お知らせ
  • 関西
現在、京都にて行っていた文献講読Ⅲ(こころの発達心理学)ですが、学ぶ機会がなかった発達研究が知れると大変な好評をいただいており、多くの参加希望をいただいておりました。
より多くの方に発達研究について知っていただくことが重要であると考えられるため、2020年4月より大阪・森ノ宮にて新しいクラスを開講します。
基本的には第3土曜日の16時半から18時半です。
講師は岐阜大学の松本拓真先生にご担当いただきます。
このセミナーでは、発達研究の代表的な著書や論文に触れることを目的としています。
月に2~3本の論文(著書の場合は2~3章)を受講生がそれぞれ講読してきて、セミナーの中でディスカッションをすることで理解を深め、実際の臨床への適用可能性を話し合っていきます。
内容は、TavistockChild Development Researchセミナーのリーディングリストなどを参考に、講師がピックアップしたものを読んでいきますが、中心は乳児期早期の発達や親子関係の発達に関する研究となります
「母子臨床の精神力動」(岩崎学術出版社)などに訳があるものについては翻訳を参照していただいてかまいませんが、セミナーの半分程度は翻訳がないものになる予定です。
子どもを対象とした臨床を始めた初学者から、改めて発達研究を学び直したい経験者まで幅広い方のご参加をお待ちしております。
なお、新たな開講のため、申込書に欄がありませんので、文献講読Ⅲの欄に「〇(森ノ宮希望)」とご記入の上、申し込みください。
(森ノ宮希望)の記述がないものにつきましては、京都・御池のクラスを希望していただいているものと考えます。
皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。
一覧に戻る
専門家の方へ