サポチル NPO法人 子どもの心理療法支援会

コラム

COLUMN

ちょっとした知識や情報をお伝えするコンテテンツ

新型コロナ・ウィルス感染症(COVID-19)パンデミック下における、子どもと家族の心理臨床ガイドラインの作成

新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るっています。社会経済や医療、学校などざまざまな場所で多くの人々が、それぞれの生活や命そのものを脅かされるという、とても大きな困難にさらされています。

これまでのいつも通りの生活が崩れていくことの不安は計り知れません。私たち心理療法家とそのクライエントにとっても、日々続けてきた面接が不本意に打ち切られたり、頻度を落としたり、またはオンラインでの面接といった変更が余儀なくされていることと思います。

こうした状況下において、私たちはどのように子ども達、そしてその家族を支えていくことができるでしょうか。私たちサポチルでは、子どもと家族の臨床に携わる全ての人に役立てていただくために、『新型コロナ・ウィルス感染症(COVID-19)パンデミック下における、子どもと家族の心理臨床ガイドライン』を作成しました。

このガイドラインは、今後も多くの知見を収集しながらアップデートしていきます。ぜひこのガイドラインを役立てていただき、臨床経験からの知を蓄積しながら、協力し共に支えあいながらこの苦難を乗り越えていきたいと思います。一緒に頑張っていきましょう!

新型コロナ・ウィルス感染症(COVID-19)パンデミック下における、子どもと家族の心理臨床ガイドライン【第1版】

一覧に戻る
専門家の方へ