サポチル NPO法人 子どもの心理療法支援会

コラム

COLUMN

ちょっとした知識や情報をお伝えするコンテテンツ

子どもを理解する 2~3歳 *一般読者様からの感想*

サポチルでは、子どもの心理療法支援だけでなく、子どもの心を考えるために役立つ本の執筆や、翻訳なども行なっています。

今回はその中から、“タビストック子どもの心と発達シリーズ”の『子どもを理解する〈2〜3歳〉』を読んだ方からの感想を紹介したいと思います。

 

(大阪市・Tさん、5歳児、3歳児のママ)
この本にはこの時期の子どものすることと親の反応について、数多く事例が出てくる
ので、自分の家庭の場合を思い出して読みました。親としての反応や振る舞いの選択肢
が広がりました。
この時期の子どもは、育つ環境の変化に大きく影響を受け、起こったことを理解する
よりも反応するだけで精一杯、ということに納得し、子どものかんしゃくも理解できる気がし
ました。また、大人にできることとして、ただ側にいて、子ども自身の中に湧き起こる
感情を吸収してくれたり、抱っこしてくれるだけでいい、と書いてあったので、子ども
のかんしゃくも少し落ち着いて受け止められる気がしました。
これまで、子どもがかんしゃくを起こすとどうしていいか分からなかったのですが、ただそ
の感情に共感して、抱っこするだけでもいいのかな、と思いました
そして、子どものすることに対して、親が感情的に反応するよりも、親も自分の感情
を受け止めてみることで、子どもが本当にして欲しいこともわかるようになるのかなと
思いました。
一日の終わりに、大人と一緒にその日の出来事をそしゃくする時間と場所があればいい、
と書いてあったので、取り入れてみようと思います。大人が一緒に考えてくれたことに
よって、子どもは考えることを学ぶ、とあり、そんな親を目ざそうと思いました。
この本を読んでの率直な感想は、子どもの世界を理解するって、とても大事なことな
んだな、というものでした。
親も育ち直す機会をもらっているのだと思いました。

 

 

書籍は各書店でご購入可能です。また、サポチルの研修会などでも販売している場合があります。ぜひお手に取って見てください。

一覧に戻る
専門家の方へ